真冬のビジネススタイル・コートの着こなし

真冬のビジネススタイル・コートの着こなし

皆様こんにちは。オンラインストアのブログです。
今週はかなり冷え込みも厳しくなってきましたが、風邪などひかれていませんでしょうか。

今回はビジネスのドレスコードを気にしつつコートの着こなしを掘り下げてみようと思います。

ビジネススタイル向けの、引き締まった印象を与えるコートといえば、「ステンカラーコート」「チェスターフィールドコート」「トレンチコート」などが代表的です。最近では中綿入りのコートや、LAVENHAMに代表されるキルティングなどややカジュアルな見え方のコートも通勤服として定着しつつあります。

今回は、先方にお伺いするときに着ていっても違和感のない、またちょっとしたドレスアップの機会にもマッチする装いを想定してみます。

■ステンカラーコート

紳士のビジネス向けコートといえばまず筆頭に上がるのが「ステンカラーコート」です。ベージュ系、ネイビー系、ブラックなど巷には豊富なカラーがありますが、今挙げた3系統の色合いで無地であれば、基本的にはどの色を選んでいただいても問題ありません。ベーシックなのは、やはりコットン系の素材ですね。

写真は綿100%素材ですが、最近は化合繊の進歩にも目を見張るものがあります。綿に機能性を持たせるために混紡しているものなどもあり、コットンの自然な見え方でありながら、防シワ製などの特徴を持ったものも増加傾向です。

カシミヤ素材やウール素材ではよりドレスアップした印象が強くなりますね。

 

お客様のご意見をお伺いしているとベージュ系などの明るめを敬遠される方もいらっしゃるのですが、基本的には、アイボリーやベージュなどでもビジネスのドレスコードは満たしています。それぞれの職場環境やお好みで色合いを選んでいただければよろしいかと思います。

■チェスターフィールドコート

 

よりドレスアップ感のある印象となるのがこちらの「チェスターフィールドコート」。近年では厚手のニットの上からアウター代わりに羽織るカジュアルな着方も定着していますが、テイメンのチェスターは、スーツ・ジャケットの上から着られるようにサイズバランスを調整しています。

写真はジェントリーモデルをベースにしたスリムですっきりとした見え方のシルエットですが、ちゃんとジャケットの袖が通りますよ。ちょっとしたドレスアップの機会にも違和感無く着られる、紳士らしいイメージを持ったコートです。

胸元が寒い場合には、カシミヤのマフラーなどを合わせてみてはいかがでしょうか。グローブなどの防寒小物もしっかり用意していただくと、真冬のお仕事にも活躍してくれます。

 

■トレンチコート

 

ダブル、シングルのどちらも一般的になっていますが、テイメンでご用意しているのは、いシングルのもの。襟、袖、ウェストのベルトや肩のフラップは軍用時代のディティールを受け継いでいます。

ベルトはフロントで締める・縛る、後ろで縛る、端をポケットに突っ込むなど様々な締め方ができます。結び方で、ビジネスらしい「きちんと感」を一層高めるようなテクニックもありますので、いずれこのブログでもご紹介したいと思います。

ビジネス向けのコートスタイルにお迷いの方にもご参考になりましたでしょうか。
Teimen.comでは、コート・アウターの取扱いバリエーションが年々増えております。メールでのご相談も承りますので、サイズや着方などお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様のご利用を心よりお待ちしております。

 

クリスマスまでフリーギフトラッピング開催中です。ただし指定日配送の締め切りは少し早いのでご注意ください。

TEIJIN MEN’S SHOP -ONLINESTORE-


■オンラインストアの記事一覧
■銀座本店の記事一覧

■この記事に関するお問い合わせ

TEIJIN MEN’S SHOP -ONLINESTORE-

E-mail:info@teimen.com
TEL:03-6402-7240
※17時以降、及び土日祝日にお問い合わせを頂いた場合、お返事は翌営業日となります。

 ■ONLINE STORE FACEBOOK
新作や、お買い得情報などを毎週発信中。


No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.